LI-6400XT 植物光合成総合解析システム



LI-6800植物光合成総合解析システムが新しくなりました。

世界シェア№1 圧倒的な納入実績が信頼度を証明

LI-6400XT 植物光合成総合解析システム


LI-6400XTの動画はこちら


LI-6400XT 植物光合成総合解析システム

LI-6400XTが選定されている様々な機能
LI-6400XTは、さまざまな研究重要に対応すべく、さまざまなアプリケーションに対応
しております。進化を続け、多様な研究に活用することができます。

 

特許取得 唯一チャンバー直結型高精度IRGA2機搭載
LI-6400XT部位名称
センサーヘッド LI-6400モデルだけが、葉を挟むセンサーヘッド部に2機の超小型IRGAを搭載して超高速応答を実現、入口と出口のガス濃度を同時に測定することにより、植物の様々な特性を確実に解析できます。
1機の分析計で計測する、もしくは、チャンバー部のガスをチューブで本体コンソールに送り、本体部の閉鎖型分析計で計測する他社の方式では、長時間の一定平均値を計測することになり、リアルな光合成反応を解析することはできません。
常に進化するLI-6400光合成・蒸散・クロロフィル蛍光などの植物解析装置が選択される理由がここにあります。
国内納入台数300台以上

発売当初からの特許取得セミオープンパスIRGA機構搭載

LI-6400XTは、1995年1月発売開始時からの特許取得のある唯一の測定方式を採用し、今でも最先端の赤外線分析システムを搭載、サンプル用分析計とリファレンス用分析計2機で独立で炭酸ガス濃度と水分を測定します。 一般型の光合成装置では、チャンバー部のガスをチューブで本体コンソールに送り、チューブ管内のガスの付着や遅れなどと同時に、閉鎖型炭酸ガス分析計のセル管完全置換まで時間のかかる計測方式です。表示上は安定した振れ幅になりますが、移動平均値データであり、リアルな植物生理・光合成反応を解析する事はできません。 LI-6400XTは葉の直下でのCO2濃度、水分蒸気圧の微妙な変移を平均値ではない真の値として把握できるセミオープンパス機構で、炭酸ガス測定濃度精度は±0.2ppm、驚異の安定測定を実現出来る唯一のモデルです。

フィードバック定常環境制御、環境追従制御機能

CO2濃度、湿度、温度、光強度の全てを独立で制御し、定常環境制御下での測定が可能となり、真の光合成速度、蒸散量、気孔コンダクタンスが安定したデータとして簡単に収集できます。
またLED冷光光源や外光を光量子センサーでモニターしてサンプルチャンバを同期させ輻射熱を防ぎながら制御することも可能です。
外部の周囲環境温度も同様に制御が可能で、無人で日変化を測定することも可能です。
全て測定チャンバーでの変位量をフィードバックして制御する方式で驚異的な安定精度を保ちます。

6400-01 CO2インジェクター

6400-01 CO2インジェクター

A-Ciカーブや様々な炭酸ガス濃度での植物の品種間差や 光合成速度の経示変化を正確に判断することが可能です。

チャンバー内炭酸ガス濃度を約90秒以内で自由に制御することができる自動電子制御ミキシング装置です。

CO2濃度フィードバック機能により、±1.5ppmの長時間連続高安定制御が可能です。
親指大のミニチュアCO2ボンベ(12g)を装填し、導入するガスを0と50~2000ppmの範囲で自由に設定できます。

ファイトトロン内でのリモート制御できるシステムで、バイオ実験や実習などに威力を発揮
iphone画像
インターネットでのネットワーク通信 インターネットでのネットワーク通信
Wi-FiまたはWWAN(3G)経由での接続制御ができます。通信端末はご使用のパソコンでもiPad、iPhone、iPod touchなどネットワーク接続できる機能のものであれば制限はありません。
植物育成に本体センサーヘッドをセットして、研究室からの遠隔操作を行い、データの収集までフル機能を完全網羅することができます。
フラッシュメモリ フラッシュメモリ
新型Ver6.0以降ではフラッシュメモリ(4GBまで)が使用できます。複数の操作者が、各自のメモリでデータを保管すれば、機器管理が簡単になります。遠隔地での連続測定に大容量メモリを実装すれば利便性もあがります。
超高速デジタルボード実装 超高速デジタルボード実装
400MHzデジタルCPUに変わり、グラフィック機能も充実。植物変異を確実に確認できます。起動時間も短縮し、40秒以内に測定画面に達します。
6400XT内部で自動データ変換、EXCELフォーマットで記録します
EXCELフォーマット 光合成・コンダクタンスなどの算出パラメータが参照、変更も可能

LI-6400XTシリーズでは、通常のテキストデータと同時に、内部で自動的にエクセルフォーマットファイルを構築し、エクセルデータとして本体内部メモリあるいは、外部CFカードに直接記録をします。
エクセルデータ表計算機能により、各パラメーター算出のための計算式が明確に分かります。
葉面積値補正を行った光合成やコンダクタンスなど、データ修正や再計算が簡単に行えます。
新型LI-6400XT ver6.2で始まる複合環境変動での植物生理反応データ
複合環境変動での植物生理反応データ解析 新型高速処理デジタルボード搭載のVer6.0以降のモデルにおいては、より高度研究のためのシステムが搭載されています。A-Ciカーブの細胞間内CO2濃度測定も過去の光や温度などの環境パラメータ固定だけではなく、様々な条件下での変動を正確にとらえることができます。

●ETRとガス交換での光合成速度 
●日変化データ、周囲ガス濃度と植物光合成の比較 
●光反応曲線、外部環境光を感知し冷光光源での照射、輻射熱を除外した屋外測定 
●飽和パルス光を強弱調整するマルチフェーズ
フラッシュ測定
●気孔開口度と環境条件比較
LI-6400XTができること

○高速デジタルCPU400MHz

○新CPU搭載により、イーサーネット通信機能追加

○LAN・シリアル通信でのリモート制御

○RGB光質調光制御

○自動光-光合成反応測定・A-Ci特性測定

○CO2/H2O濃度自動高速制御

○外部温度感知自動追従でチャンバー温度制御

○クロロフィル蛍光マルチフェース照射測定

○外部CFメモリーカードデータ記録

○外部光量子感知追従でのLED光制御

○土壌、昆虫、果実呼吸・光合成測定

○葉・個葉全体の光合成・呼吸測定システム

○リアルタイムグラフィックチャート表示

○エクセルフォーマット自動変換データ記録

LI-6400XT 特長トップへ

LI-6400XT アプリケーションページへ

LI-6400XTチャンバーアクセサリーページへ

お問合せはこちら