土壌呼吸測定システム

LI-8100A-M1 多点全自動CO2変動モニタリングシステム

世界統一規格での正確な測定
全世界500システム以上の納入実績

li-8400a

LI-8100A土壌呼吸測定システム 動画はこちら

GPSデータと土壌フラックス統合のマッピングデータ

GPSデータと土壌フラックス統合のマッピングデータ

GPSデータからの緯度経度と土壌のCO2フラックスの測定データを疑似カラーで表示し、森林境界部周囲の土壌CO2フラックス移動データを示します。

フラックスμmolm-2s-1は2011年8月18日夕方に測定し、疑似色でプロットされた状況です。
土壌の5㎝の深さで測定した土壌温度(℃)の等温線が含まれ、土壌温度は土壌CO2フラックス計算で補正を行っています。この地域では野菜などの畑作が行われており、部分的には土壌は大気に対して開放状態となっています。



マルチチャンネル自動土壌呼吸測定

土壌呼吸を自然なままにリアル測定

 

li8100a_multichannel

圧力差の生じることのない 理想的な自動開閉チャンバー設計

最大16チャンネル まで増設可能です。

最大直径30m 広い範囲の測定が可能です。

解析プロセッサー搭載 すぐさまFluxがわかります。

土壌水分/土壌温度チャンネル増設 可能です。

多点プロファイル測定システム としても仕様可能です。

計測データ




チャンバー内圧力を常に土壌表面周囲圧力と平衡

チャンバー内圧力を常に土壌表面周囲圧力と平衡

チャンバー自動開放時、測定土壌面は外部環境に順化となる
チャンバー自動開放時、測定土壌面は外部環境に順化となる

チャンバー自動閉鎖後数十秒のデッドバンド処理後呼吸測定開始
チャンバー自動閉鎖後数十秒のデッドバンド処理後呼吸測定開始

ロングタームチャンバーは自動でもマニュアルでも使用できます。チャンバー内部の空気は完全にミックスされ、高精度での土壌呼吸の炭酸ガスを測定できます。開放時の輻射熱の問題が起きぬように土壌表面は周囲の温度や大気と平衡になり、測定時の加圧も陰圧も発生しない、アーティファクトの起きない唯一のシステムです。


iPhoneでリモートコントロール

iPhoneでリモートコントロール

屋外で設置されるLI-8100A土壌呼吸測定システムは、通常はデスクトップPC等でのパソコン通信や制御を行いますが、最小端末として市販のiPhone、iPad、iPod touchが使用できます。専用アプリケーション「LI-8100APP」をインストールしたiPhone等で測定各種コンフィグ設定から測定実行、データの記録、マニュアル動作の開放・閉鎖、リアルタイムモニタなどフル機能の操作を実行できます。PDAでの遠隔操作モデルもあります。



フラスコチャンバー呼吸・光合成、大気フラックス多点自動測定

li8100a_orange

ポストハーベスト研究に活用できます

16個のチャンバーに果物や野菜などを入れ、炭酸ガス水分量の変化測定
を自動高速スキャン、光合成量/呼吸量などの経時変化を確実に分析しま
す。フラスコのガスは常に分析計手前までポンプで吸引され、排気されて
しまいますので、切替時のデッドタイムは極小な設計でスキャンできます。

li8100a-flux

鉛直成分連続通気方式での測定応用

測定ガスサンプルは、高度別に常に分析計手前までガスを連続排気し、
スキャン時間を短くして、より多点高度の自動測定を可能にします。

frascochambar

LI-8100A特長トップへ

LI-8100A 土壌フラックス測定システム用ソフトウェア
『Soil Flux PRO™』土壌ガスフラックスデータの
観察・分析用新アプリケーションがリリース!

Soil Flux PRO


Soil Flux PROでは、最適な測定タイミングがわかります

土壌フラックス測定では、測定タイミングが重要です

LI-8100A 土壌フラックス測定システム用SoilFluxProソフトウェアによって、測定されたフラックス値に与える観察時間の影響を分析することができます。


標準的・長期間の測定では、観察時間は1.5~2.5分内に20-30秒のデッドゾーンがあるため、測定において最適化をする必要があります。特に、非常に低い/高いフラックス測定や、CO2を除く微量ガスの測定に当てはまります。
そのような測定の場合、SoilFluxProソフトウェアでは【マニュアル調整】と【自動ガイダンス】のオプションを実行し、複数の測定で取得したデータから、適切な観察時間とデッドゾーンを特定します。
どちらのオプションにおいても、ソフトウェアでは「新しい結果を保存する」または「元の計算結果に戻る」という選択肢を与えてくれます。

 

【マニュアル調整】
観察の詳細な回帰分析画面にて、緑色の線(デッドゾーンの調整)、赤色のライン (停止時間を調整)を動かすことができ、計算に必要なデータを変更することができます。また、新しいフラックス値はラインの調整通りに自動的に計算されます。

マニュアル調整 データ1

マニュアル調整 データ2

 

【自動ガイダンス】
下のグラフは、フラックスの開始時間(上)と停止時間(下)を変えることによる影響を自動分析した結果です。
この測定の場合、適切な開始時間は20-40秒の間だと思われます。開始時間を50秒を超えて設定したフラックス計算の場合、フラックス値にかなりの変化が起きることになります。
また、停止時間は、測定から100秒間以降に安定しているため、100-120秒の間の任意のタイミングに測定時間を限定した方がよいと考えられます。

自動ガイダンス データ1

自動ガイダンス データ2



Soil Flux PRO特長トップへ

このページの上へ

お問合せはこちら