製品名やキーワードで検索
お電話でのお問い合わせはこちら

東京03-5379-0051 大阪06-6212-2500

名古屋052-686-4794 仙台022-218-0560

製品名やキーワードで検索

ラボ情報

2つのラボで用途に合わせた研究のサポート!
ナノ粒子解析アナライザーラインナップを設置
『ナノ粒子計測技術ラボ』開設

ナノ粒子計測技術ラボ

慶應義塾大学-メイワフォーシス ナノ粒子計測技術ラボ開設

メイワフォーシス株式会社は、2020年12月22日に慶應義塾大学理工学部中央試験所と、地域産学官共同研究拠点整備事業に関する契約を締結し、2021年2月1日に、「慶應義塾大学-メイワフォーシス ナノ粒子計測技術ラボ」を開設いたしましたことをお知らせいたします。

当ラボは、慶應義塾大学矢上キャンパス36棟産学官連携棟内に開設し、メイワフォーシス取り扱いの最先端のナノ粒子解析アナライザーラインナップを設置し、高精度かつハイスループットなナノ粒子計測をおこなうことが出来るラボとなっております。

当ラボに設置する「ナノ粒子解析アナライザー」は、近年のライフサイエンス、ナノサイエンス、ナノテクノロジーの研究のために欠かすことのできない、重要なツールの一つです。
慶應大学理工学部中央試験所の解析技術と強固に連携して、最先端研究のサポートをするとともに、新たな解析技術の開発に取り組みます。

メイワフォーシスナノ粒子解析ラボ 施設情報

設立の背景・目的

近年のライフサイエンス、ナノサイエンス、ナノテクノロジーの研究において、素材を構成する分子や量子、より微細な粒子の多角的な解析が必要不可欠となっております。
ウイルスやEVなどのバイオ粒子や、マテリアル粒子、マイクロまたはナノプラスチック、ウルトラファインバブルなど、多くの粒子研究が盛んにおこなわれております。

「ナノ粒子計測技術ラボ」には、メイワフォーシスのラインナップにある最先端のナノ粒子解析装置を設置しております。この設備の装置を、より多くの方にご活用いただき、様々な応用研究の可能性を見出すことが、当ラボ設立の目的となっております。

慶應義塾大学理工学部中央試験所には、元々、透過型電子顕微鏡をはじめ、世界最先端のイメージング、分析ツールが設置され、さまざまな研究の発展に活用されております。
当ラボの設立により、「慶應義塾大学理工学部中央試験所」と「メイワフォーシスのナノ粒子アナライザーラインナップ」の高度な連携により、科学技術で世界をよりよく変革するためのお手伝いをいたします。

  

慶應義塾大学-メイワフォーシス ナノ粒子計測技術ラボ開設 アクセス

所在地: 〒223 - 8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学 矢上キャンパス理工学部中央試験所 36棟213号室


慶應義塾大学 矢上キャンパス理工学部中央試験所ウェブサイト http://www.sfr.st.keio.ac.jp/index.htm



ナノ粒子計測技術ラボ 設置製品

VIDEO DROPナノ粒子イメージングアナライザー

VIDEO DROP
ナノ粒子イメージングアナライザー
▶よくあるご質問集はこちら

NanoFCM フローナノアナライザー

NanoFCM
フローナノアナライザー

▶よくあるご質問集はこちら

Exoid ナノ粒子マルチアナライザー

Exoid
ナノ粒子マルチアナライザー

▶よくあるご質問集はこちら

qEV 細胞外小胞抽出キット

qEV
細胞外小胞抽出キット

AFC qEVオートマチックフラクション
コレクター

AFC qEV用オートフラクション コレクター

AFC qEVオートマチックフラクション
コレクター

RK-1
リージェントキット

各種お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
  • 東京03-5379-0051
  • 大阪06-6212-2500
  • 名古屋052-686-4794
  • 仙台022-218-0560
お問い合わせフォーム
各種お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
受付時間 8:00 ~ 17:00
©MEIWAFOSIS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.