研磨装置

研磨の際に研磨面を確認しながら研磨を行えます。
試料台毎取り外して顕微鏡で観察が可能です。試料台を戻すことで同じポジションからの研磨が開始出来、片ベリやサンプル破損の心配はありません。



sbt900 研磨アプリケーション



① 400番手の研磨紙で研磨した画像です。表面には傷が残っています。
② 1000番手の研磨紙で研磨した画像です。まだ表面に傷が見えます。
③ 1200番手の研磨紙で研磨した画像です。傷は消えましたが表面にくぼみが出来てきています。
④ バフ研磨後の画像です。傷は消え、完全な鏡面となっています。 1μmのダイヤモンドスラリーを使用して仕上げています。

 

このページの上へ

お問合せはこちら