葉面積計・LAI測定装置

葉面積計との比較でも最小誤差で測定

ポータブルプラントキャノピーアナライザー「LAI-2200C」は現場で、リアルタイムLAI解析を行うことができます。オープンエアーでの全天測定と植物群落内での測定により、非破壊で正確なLAIの測定ができます。
オプティカルセンサー単体で自動測定を行うことができ、森林や圃場などの広域なフィールドでは、自動全天計測を行い、群落内での計測データと同期させることにより、短時間で正確なLAI解析を行うことができます。

葉面積計とLAI-2200Cで計測値比較

LAI-2200Cプラント・キャノピー・アナライザー 動画はこちら

天候を気にせず測定可能

晴天時での補正機能Scattering correction properties*(スキャッタリング補正)に対応しております。
従来は、曇天時もしくは、太陽高度の低い明け方か夕方でしか測定ができませんでしたが、LAI-2200Cは、天候を選ばず、晴天時でも曇天時でも安定した測定ができる新機能が搭載されました。

*Scattering correction properties(スキャッタリング補正)の
リファレンス
Kobayashi, H., Ryu Y., Baldocchi, D.B.,Welles, J.M., Norman, J.M. (2013) On the correct estimation of gap fraction: How to remove scattered radiation in gap fraction measurements? Ag. and For. Meteorology, 174-175: 170-183.

晴天時でも測定可能
GPS搭載 位置情報・時間情報記録

GPSを標準搭載し、位置情報を同時記録します。専用ソフトFV2200ソフトウェアを使用することにより、LAIのマッピングも行うことができます。視覚的なLAI解析により、より広範囲での分布把握を行うことができます。

GPSは時間情報も、同時期取得するので、正確な測定時間も記録されます。

LAIマッピング画像

LI-3000C 特長ページへ

LI-3050CAP 特長ページへ

LI-3100C 特長ページへ

LAI-2200C 特長ページへ

このページの上へ

お問合せはこちら