接触角計、表面張力計

追加不要の多機能ソフトウェアを搭載
タッチ液滴作製/機能拡張対応/コンパクト等、 用途に合わせた接触角計

コンパクト・タッチモデル接触角計




部位の名称
充実した多機能ソフトウェアで簡単自動測定
フェニックスシリーズは、標準ソフトウェアのみで『静的・動的接触角』だけではなく、『表面自由エネルギー』・『表面張力』・『シーケンス(連続)測定』の自動計測機能も搭載されています。 装置の購入後にオプションで買い足しする必要はありません。
静的接触角 固体サンプル表面上に液体のサンプルで液滴を作成して測定します。固体サンプルの表面上に作られた液滴に光を当てカメラでその画像を捉え、ソフトウェアにて画像解析し接触角を計算しています。
動的接触角 前進角後退角 固体サンプル表面上に液体のサンプルで液滴を作成して測定します。固体サンプルの表面上に作られた液滴に光を当てカメラでその画像を捉え、ソフトウェアにて画像解析し接触角を計算しています。
ヒステリシス測定 固体表面の化学的組成の均一性、表面粗さ、分子配向などに依存し、高い撥水性表面はヒステリシスは極めて小さくなります。
製品チェックなどクリーニング評価で用いられています。
シーケンス測定 液滴の浸透性を30秒毎に連続して測定することで、経時変化を解析できます。
表面自由エネルギー 3種類の溶液で接触角をそれぞれ測定し解析します。
固体サンプルの表面自由エネルギーを測定することで、3種類のサンプルの中から、その固体表面と最も親和性を持つ他のサンプルがわかります。
固体の持つ表面自由エネルギーと同じエネルギー値を持つ他のサンプルを接触させると良好な接着が起こるといわれています。
表面張力 ニードルの先端に作製したしずくを、CCDカメラで記録し、その画像から表面張力を算出します。
ワンクリックで液滴の形状から表面張力を算出するため、微量で計測ができます。
ペンダントドロップ法での測定は、プレートを使用した表面張力計と比べ、プレートに濡れにくい高粘性溶液やポリマー溶液などに適しています。

このページの上へ

10msからの高時間分解能で連続測定ができます

速い浸透でも正確に経時変化を捉えます。 ※P300での測定


<測定サンプル> 液体 : 水 / 基板 : 研磨クロス

10msからの高時間分解能で連続測定ができます


動画対応ccdカメラ/自動認識ソフトを標準装備
動画対応ccdカメラ/自動認識ソフトを標準装備

計測は動画対応CCDカメラに記録した画像を標準ソフトにて自動計算。従来型接触角計のように、目視による測定値の読取間違いを防ぐことができます。

また、自動計測システムは読取の個人差を出しません。読取にくいサンプルがあっても、独自の「Verifyモード」にて10フレームの画像を連続取得しその中で最適なものを自動認識して数値を読み取ります。

led光源を採用しより高精度な測定を実現
led光源を採用しより高精度な測定を実現

従来型接触角計のハロゲン光源の場合は、熱によって液滴が蒸発し小さくなってしまうため、角度読取りができないなど、測定値に影響を及ぼすことがありましたが、PhoenixシリーズはホワイトLED光源採用によって液滴蒸発を防ぎ、測定値への影響を与えません。

ディスポーザブルシリンジ採用しコンタミ防止
ディスポーザブルシリンジ採用しコンタミ防止

ディスポーザブルシリンジを採用し使い切りのため、異なった液での測定でも混ざり合うことはありません。ポンプ式のように測定毎のクリーニングは不要です。ガラス製シリンジも使用できます。 取り付けはワンタッチで簡単に装着できます。

このページの上へ

用途に応じたラインナップ
接触角を測定することは「ぬれ性」を示す指標として明確なため、あらゆる研究分野での表面評価方法として採用されています。
当社で取り扱うPhoenixシリーズ接触角計は、簡易的な装置から高精度・高機能な装置まで、ご用途に合わせて幅広くご用意しております。
超小型ポータブル・大型試料測定モデル オートタッチ液滴作製モデル Phoenix300touch Phoenix 300/150/10
コンパクト多機能モデル Phoenix Alpha 全自動高温対応モデル phoenix600/500 微量測定モデル PhoenixPico
◆小型ポータブル/大型試料測定モデル(アップグレード対応)
<Phoenix-Smart(P-60)>
大型サンプル測定ポータブルモデル Phoenix-Smart




マニュアル ⇒ オート ⇒ タッチタイプへ
アップグレードに対応したコンパクトモデル


  • サンプルサイズを選ばないため、大型試料や切断困難な試料でも測定ができます。
  • 軽量・コンパクトなポータブルタイプですので、屋外での接触角測定もできます。
  • USB接続カメラ搭載
  • 静的接触角、動的接触角(オート、タッチタイプのみ)、表面張力、表面自由エネルギー、シーケンス測定



  • <Phoenix-Smart / Phoenix-I 用>
    エンタイア・チルトシステム(滑落角測定)


    小型でサンプルサイズを選ばないPhoenix-Smart /
    Phoenix-I で滑落角を測定するためのシステムです。
    大型のサンプルを台に置くことができ、ソフトウェアでプログラムし自動で滴下ポイントへ移動します。

    PhoenixSmart用エンタイアチルトシステム

  • 調整角度0°~90°
  • 傾斜角精度±0.3°
  • ソフトウェアにて傾斜角度をコントロール
  • 自動で測定位置まで移動

  • ▶ 仕様はこちら



◆小型ポータブル/大型試料測定モデル  <Phoenix-50(P-50)>
Phoenix-i大型サンプル対応/ポータブルモデル

超小型!置くだけで計測できます

  • 軽量・コンパクトなポータブルタイプ(450g, W90, D50, H90mm ※シリンジを除く)ですので、
    屋外での接触角測定もできます。
  • PCに接続しUSBからの電源供給で動作します。
  • サンプルサイズを選ばないため、大型試料や切断困難な
    試料でも測定ができます。
  • マイクロメータ調整機能付き手動滴下方式
  • 滴下ポイントを小窓から確認できます。

  • 測定項目:静的接触角、表面張力(ペンダントドロップ式)、表面自由エネルギー、シーケンス測定

  • ▶ 仕様はこちら



    Phoenix-i 滴下ポイントを小窓から確認できます

    ▶▶速い浸透でも正確に経時変化を捉えます
    ▶▶低接触角5° 測定事例


◆オートタッチ液滴作製モデル  <Phoenix-300 Touch(P-300 Touch)>
p300touchオートタッチ液滴作製モデル

毎回同量のサンプル液量を自動作製でき、
再現性の高い測定を実現

  • シリンジ先端にサンプル液を微量垂らした状態で、
    シリンジ固定ヘッドが上下移動し固体サンプルにタッチ
    することで液滴を自動作製します。

  • サンプル液量は1μLずつソフトウェアにて調整ができ、
    微量サンプルで測定ができます。
    また、液量が均一になるため再現性の高い測定ができます。

  • 測定項目:静的/動的(前進角、後進角)接触角、表面自由エネルギー、表面張力測定 、シーケンス測定

▶ 仕様はこちら


ヘッドが上下移動し固定サンプル表面へタッチして液滴作製

このページの上へ

◆機能拡張対応モデル※オート・セミオート・マニュアルモデル
<Phoenix 300(P-300 オート)/ Phoenix 150(P-150 マニュアル)>
Phoenix-300/150機能拡張対応もでる  

多彩なオプションや上位モデルへのアップグレードにも対応
多機能測定モデル

  • 動的接触角/前進角・後退角の測定に対応、
    ヒステリシス測定ができます。
  • マニュアル→オート→タッチモデルへ、
    購入後もアップグレードができます。
  • 試料ステージはマイクロメーターにて微調整でき、
    XYステージに変更することもできます。

  • 測定項目:静的接触角、動的【前進角、後進角】接触角(Phoenix-300のみ)、表面自由エネルギー、表面張力測定、シーケンス測定

▶ 仕様はこちら


◆機能拡張対応モデル※マニュアルモデル  <Phoenix 10(P-10 マニュアル)>
Phoenix-10 マニュアル 機能拡張対応モデル

アップグレードによって様々な機能を追加可能

  • 静的接触角、表面自由エネルギー、表面張力(ペンダントドロップ式)
  • 液滴自動作成機能、シリンジ自動上昇、下降機能、チルトステージ等のオプションにより、アップグレードができます。

  • 測定項目:静的接触角、表面自由エネルギー、表面張力測定、シーケンス測定

▶ 仕様はこちら


p300/150/10 オプション チルトステージ、サーマルチャンバー、サーマルパッド、シリンジヒーター

このページの上へ

◆コンパクト自動多機能測定モデル  <Phoenix-Alpha(P-200)>
Phenix-Alphaコンパクトオート多機能モデル

B5サイズ以下のコンパクトサイズで多機能搭載、
高コストパフォーマンスモデル

  • プリズム式カメラを採用したラボに最適なコンパクト設計モデル
  • 自動/手動滴下コントロールシステムを搭載

  • 測定項目:静的/動的(前進角、後進角)接触角、表面自由エネルギー、表面張力測定

    、シーケンス測定

    ▶ 仕様はこちら


  • ◆全自動測定モデル  <Phoenix-600(P-600)>
    Phoenix-HT高温対応モデル

    液滴の自動補充ができ、
    高度な「1滴」を作製できます

    • オートマッピング機構による液滴場所への自動移動
    • ヘッドモジュールの自動アップダウン
    • 最大試料サイズはW300×H300mm 

    • 測定項目:静的/動的(前進角、後進角)接触角、表面自由エネルギー、表面張力測定 、シーケンス測定

    ▶ 仕様はこちら


    ◆高温測定対応モデル <Phoenix-500(P-500)>
    Phoenix-HT高温対応モデル

    標準で1200℃まで温度制御できます。
    半田金属溶接等の研究に最適

    • 1200℃まで(標準仕様)の高温下での測定を実現
      ※更に高温での特注仕様にも対応しております。
    • 融解した固定表面サンプルへの接触角測定ができます。
    • 不活性ガス導入、真空状態での測定もできます

    • 測定項目:静的接触角、表面自由エネルギー 、シーケンス測定


    ▶ 仕様はこちら


    ◆微量サンプル測定モデル <Phoenix-Pico Touch(P-400Touch)>

    髪の毛などの微細な材料にも滴下できます

    • 70pico/Lのサンプル溶液を滴下し接触角測定
    • マイクロメーターステージを実装しており、
      X軸/Y軸方向へ微細調整、測定部位を正確に設定できます。

    • 測定項目:静的/動的(前進角、後進角)接触角、表面自由エネルギー、表面張力測定 、シーケンス測定

      ▶ 仕様はこちら



      ▶▶微小サイズサンプル測定事例

    このページの上へ

    動的接触角・表面張力計 DCA-200
    動的接触角と表面張力の測定が1台で可能

    動的接触角・表面張力計 DCA-200

    動的接触角・表面張力計 DCA-200

    <表面張力測定>
    測定サンプル:水/室温:21.6℃、ガラス基板(厚み0.18㎜幅24.24㎜)使用
    表面張力測定値 72.626dyn/cm

    表面張力測定
測定サンプル:水/室温:21.6℃、ガラス基板(厚み0.18㎜幅24.24㎜)使用
表面張力測定値 72.626dyn/cm


    <液体密度測定>
    測定サンプル:水/室温:22.4℃、密度測定用球形冶具使用
    液体密度測定値 0.998g/cm3

    液体密度測定
測定サンプル:水/室温:22.4℃、密度測定用球形冶具使用
液体密度測定値 0.998g/cm3
    自動表面張力計 dst60a
    リング法・プレート法の2つの測定方式に対応
    簡単操作でオート測定

    dst60a 自動表面張力計

    dst60a名称
    リング法/プレート法による表面表力計
    表面張力は液体の「ぬれ性」に対して大きく影響を与えます。表面張力計では「ぬれ広がる力」、その逆に自ら「丸まろうとする力」を計測します。 ぬれ性・浸透性、乳化性、吸着性、界面活性剤、泡立ちの評価に表面張力測定が有効です。

    ・表面張力が強い=丸まろうとする力が強い→ぬれにくい、浸透しにくいことを表します。
    ・表面張力が弱い=広がろうとする力が強い→ぬれやすさ、浸透のしやすさを表します。


    リング式/プレート式 2つの測定方式に対応



    ■リング式測定方式
    吊り下げたリングを溶液に沈ませ、しばらく静止した後リングを引上げるとリングに溶液の膜が吸い付いてきます。リングを界面からある高さまで上げると溶液の膜は切れてしまいます。その時にかかる力のピークを読み取り(バネの伸び、溶液の重さ、膜の長さ等)表面張力を測定します。
    プレートに濡れにくい粘性のある試料などに適しています。


    ■プレート式測定方式
    プレートをサンプル溶液に浸すと、溶液がプレートに対してぬれ上がります。このぬれ上がる際の溶液中に引き込む力を読み取り表面張力を測定します。

    表面張力計イラスト
    数個のパラメーター入力で簡単自動測定
    必要項目を入力し自動測定ができる、ユーザーフレンドリーオペレーションです。
    測定レンジは0~1000dynes / cm2 (mN/m) 広範囲測定ができます。

    入力項目


    パネル


    ▶ 表面張力計の仕様はこちら

    このページの上へ

    お問合せはこちら