メタン・炭酸ガス・水分分析計 CH4/CO2/H2O Analyzer

●LI-7700水田でのCH4フラックス測定

 

●アメリカ大都市内でのメタンガス漏れ測定

 

●中国での蒸発散測定プロジェクト

 

●埋め立て地での長期CH4フラックス測定

 

●市街地でのCO2Fluxの年間マッピング比較

 

●その他 LI-7700/LI-7500A/LI-7200アナライザーアプリケーション

蒸発散(エバポトランスピレーション)の測定
土壌表面および水面からの水分の蒸発と、植物が気孔から水を放出する蒸散量は、最も大きな水の(大気への)
移動となります。これらの過程は「蒸発散(ET=エバポトランスピレーション)」と呼ばれます。
▶▶測定メソッドはこちら

LI-7700水田でのCH4フラックス測定
茨城県真瀬の水田での観察状況 LI-7700 オープンパスCO2/H2Oアナライザーは野外での連続長期間測定においても、クローズドパス分析計との比較においても一致すると確認されました。

Iwata, H., Kosugi, Y., Ono, K., Mano, M., Sakabe, A., Miyata, A., and Takahashi,K.
Cross-Validation of Open-Path and Closed-Path Eddy-Covariance Techniques for Observing Methane Fluxes.
Boundary-Layer Meteorol (2014) 151:95–118
DOI 10.1007/s10546-013-9890-2

LI-7700の動画はこちら

アメリカ大都市内でのメタンガス漏れ測定
メタンガス漏れ測定 環境防衛基金(Environmental Defense Fund)、Google Earth、
コロラド州立大学(CSU)による、アメリカ大都市内での
メタンガス漏れをマッピングする研究活動にLI-7700が利用されています。

※ 詳細はアプリケーション情報ページへ
中国での蒸発散測定プロジェクト
蒸発散測定プロジェクト 中国生態系研究ネットワーク(The Chinese Ecosystem Research Network:CERN)でのプロジェクトでは、干ばつや水管理の研究として中国全土に27基のフラックスタワーを設置し研究が進められています。

※ 詳細はアプリケーション情報ページへ
埋め立て地での長期CH4フラックス測定

フラックス測定データ

埋め立て地でCH4ガスは気圧変化により放出されていることがわかります。

【文献データ】
Xu et al., 2013.
Impact of Changes in Barometric Pressure on Landfill Methane Emission.
Submitted to Global Biogeochemical Cycle.

市街地でのCO2Fluxの年間マッピング比較
マッピング比較
その他 LI-7700/LI-7500A/LI-7200アナライザーアプリケーション
米国ミシガン州ケロッグでのフラックス測定 カナダ マニトバ州チャーチルでのフラックス測定 米国カルフォルニア州立大バークレー校による測定
米国ミシガン州ケロッグでの
フラックス測定

移動式でLI-7700とLI-7500にてCH4/CO2/H2Oフラックス測定を行っております。
カナダ マニトバ州チャーチル
でのフラックス測定

LI-7700とLI-7500AにてCH4/CO2/H2Oフラックス測定を行っております。
米国カルフォルニア州立大
バークレー校による測定

LI-7700オープンパスCH4アナライザーの閉鎖式アナライザーとの比較測定。
スコットランド エジンバラでのフラックス測定 米国フロリダ州エバーグレーズ国立公園でのフラックス測定
スコットランド エジンバラでの
フラックス測定

寒冷地草原でのフラックス測定にLI-7700が使用されております。

米国フロリダ州エバーグレーズ
国立公園でのフラックス測定

湿地帯でのフラックス測定に、LI-7700とLI-7500が使用されております。

LI-7500A(LI-7500)オープンパスアナライザー: 長年にわたり野外CO2モニタリングアプリケーションで、フラックス測定に革新をもたらした全世界で使用されている標準機です。野外でリアルタイム・高速・高精度・長期安定計測を実現した、最初のオープンパス分析計です。 CO2とH2Oフラックス測定において、落葉樹林や針葉樹林・熱帯環境生態系、草原・農業生態系、都市部や湿地・水田・沿岸・海洋などの水域、低木地や砂漠など、多くの環境で使用されている装置です。

LI-7200ウェザープルーフCO2/H2Oアナライザー: LI-7500Aと同設計のセンサーヘッドアナライザーを用いており、その構造は閉鎖式で雨天や霧・露・雪などの水分影響による測定の欠落を防ぎ、真の長期安定計測を実現した最新設計の分析計です。

湿地 都市環境 高層での渦相関
湿地:
電源の確保や現地へのアクセスが難しいケースがありますが、LI-7500Aの低消費電力・低メンテナンス機能が有用で、湿地生態系でのCO2/H2Oフラックス測定が行えます。
都市環境:
都市は地球環境において重要であり、また開発が継続されております。都市部での生態系フラックスを把握・測定することは重要なことであり、LI-7500Aはその優れた安定性で、これらのアプリケーションに最適です。
高層での渦相関:
航空機にLI-7500を搭載して、高層環境にてリアルタイムでのCO2/H2Oの測定を行うことができます。
農地でのフラックス測定 水域環境下でのフラックス測定 CO2地中貯蔵
農地でのフラックス測定:
農業生態系でのフラックスは、作物の種類や管理体制・季節・地域など他の多くの要因によって異なります。これら測定には長期安定性と低消費電力である測器が必要で、LI-7500Aはこのアプリケーションに理想的なシステムとして評価されております。
水域環境下でのフラックス測定:
沿岸や海洋環境、水田や湿地環境、湖や河川流域などの水域は、地球規模の炭素循環に大きく関与しております。海洋環境ではブイや船舶上での測定が必要で、LI-7500Aは低消費電力で振動に対する安定性能があり、これらのアプリケーションに理想的システムとして評価されております。
CO2地中貯蔵:
CO2の地中貯蔵研究で、地中からのリークを監視する手段の1つとして、渦相関法は有用な手法です。LI-7500AはCO2の絶対濃度のモニタリングも可能であり、地中隔離前後と長期的なCO2フラックスのベースラインの変動を監視することが出来ます。
その他の使用実績

LI-7700, LI-7500A, LI-7200は、世界中の様々な環境下で使用されております。
以下はその一部の実績で、論文として発表されているものです。
上記分析計を用いたFlux測定は、日本を含め全世界で多くの実績のある信頼度No.1のシステムです。

                                                  
使用測器 測定環境 文献詳細
LI-7700,LI-7500 水田 Iwata, H., Kosugi, Y., Ono, K., Mano, M., Sakabe, A., Miyata, A., and Takahashi,K.
Cross-Validation of Open-Path and Closed-Path Eddy-Covariance Techniques for Observing Methane Fluxes.
Boundary-Layer Meteorol (2014) 151:95–118
DOI 10.1007/s10546-013-9890-2
LI-7700 水田 Alberto, Ma C. R, Reiner Wassmann, Roland J. Buresh, James R. Quilty, Teodoro Q. Correa, Joseph M. Sandro, and Caesar A. R. Centeno. “Measuring Methane Flux from Irrigated Rice Fields by Eddy Covariance Method Using Open-Path Gas Analyzer.” Field Crops Research. 160 (2014): 12-21.
LI-7700,LI-7500A 泥炭地 Pypker, T.G, J.A Hribljan, R.C Chimner, P.A Moore, and J.M Waddington. “Shifting Environmental Controls on Ch4 Fluxes in a Sub-Boreal Peatland.” Biogeosciences Discussions. 10.7 (2013): 11757-11784.
LI-7700 高山湿地帯 Lingfei Yu, Hao Wang, Guangshuai Wang, Weimin Song, Yao Huang, Sheng-Gong Li, Naishen Liang, Yanhong Tang, Jin-Sheng He, 2013. A comparison of methane emission measurements using eddy covariance and manual and automated chamber-based techniques in Tibetan Plateau alpine wetland. Environmental Pollution 181 (2013) 81-90.
LI-7500 農地 Ma. Carmelita R. Alberto, Roland J. Buresh, Takashi Hirano, Akira Miyata, Reiner Wassmann, James R. Quilty, Teodoro Q. Correa Jr, Joseph Sandro. Carbon uptake and water productivity for dry-seeded rice and hybrid maize grown with overhead sprinkler irrigation. Field Crops Research 146 (2013) 51–65.
LI-7700,LI-7200 草原 Sigrid Dengel, Peter E. Levy, John Grace, Stephanie K. Jones, and Ute M. Skiba (2011), Methane emissions from sheep pasture, measured with an open-path eddy covariance system. Global Change Biology, Volume 17, Issue 12, pg 3524-3533.
LI-7700,LI-7500A 北極圏・ツンドラ気候 Cove Sturtevant, Walt Oechel, Donatella Zona, and Craig Emerson (2011), Soil moisture control over autumn season methane flux, Arctic Coastal Plain of Alaska.Biogeosciences Discussions, 8, 6519-6554, doi:10.5194/bgd-8-6519-2011.
LI-7500A,LI-7200 森林 Chad Hanson and Andres Schmidt (2011), Report from the AmeriFlux Quality Assurance Group: Who We Are and What We Do. FluxLetter: The Newsletter of FLUXNET, Vol. 4 No. 1, April 2011 Burned Forest; Shrubland; Savannah;
LI-7200 Hongyan Luo, Henry W. Loescher, Edward Ayres (2011), Prototyping NEON's eddy covariance measurements: Comparison of two closed-path infra-red gas analyzers. 96th ESA Annual Meeting, August 8th, 2011.
LI-7700,LI-7500A 湖・水域 Erik Sahlée, Anna Rutgersson, Eva Podgrajsek, and David Bastviken (2011), Eddy-covariance measurements of methane fluxes from a Swedish lake. Geophysical Research Abstracts, Vol. 13, EGU2011-11914-8, 2011, Vol. 13, EGU2011-11914-8, 2011.
LI-7500A 高山 J.L. Lewicki, G.E. Hilley, L. Dobeck, B.D.V. Marino, 2011. Eddy covariance imaging of diffuse volcanic CO2 emissions at Mammoth Mountain, CA, USA. Bull Volcanol doi 10.1007/s00445-011-0503-y.
LI-7500A 海洋・水域 S.D. Miller, C. Marandino, and E.S. Saltzman, 2010. Ship-based measurement of air-sea CO2 exchange by eddy covariance. Journal of Geophysical Research, Vol. 115, D02304, doi:10.1029/2009JD012193, 2010.
LI-7500A 草原 Liukang Xu, Dennis D. Baldocchi, 2004. Seasonal variation in carbon dioxide exchange over a Mediterranean annual grassland in California. Agricultural and Forest Meteorology 1232: 79-96.
LI-7700,LI-7500A 湿地帯 Matteo Detto, Joseph Verfaillie, Frank Anderson, Liukang Xu, Dennis Baldocchi, Comparing laser-based open- and closed-path gas analyzers to measure methane fluxes using the eddy covariance method, Agricultural and Forest Meteorology, Volume 151, Issue 10, 15 October 2011, Pages 1312-1324. Peatland;
LI-7200 農地・草原 Burba, G., A. Schmidt, R. Scott, T. Nakai, J. Kathilankal, G. Fratini, C. Hanson, B. Law, D. McDermitt, R. Eckles, M. Furtaw, and M.Velgersdyk, 2012. Calculating CO2 and H2O eddy covariance fluxes from an enclosed gas analyzer using an instantaneous mixing ratio. Global Change Biology, 18(1): 385-399 Burned Forest; Shrubland; Savannah; Forest; Rye Grass; Grassland;
LI-7200 火災森林 Nakai T, Iwata H, Harazono Y (2011) Importance of mixing ratio for a long-term CO2 flux measurement with a closed-path system. Tellus B, DOI: 10.1111/j.1600-0889. 2011.00538.x
LI-7200 農地・ライ麦畑 Burba, G., D. McDermitt, D. Anderson, M. Furtaw, and R. Eckles, 2010. Novel design of an enclosed CO2/H2O gas analyzer for Eddy Covariance flux measurements. Tellus B: Chemical and Physical Meteorology, 62(5): 743-748

このページの上へ

お問合せはこちら