LI-7500RS 高安定オープンパスCO2/H2Oアナライザー

CO2フラックスと蒸発散測定における最も信頼のある
オープンパスCO2/H2Oアナライザーに次世代型機が登場

LI-7500RS オープンパスCO2/H2Oアナライザー

LI-7500A 部位の名称
刷新されたシステム機構

LI-7500RS 刷新されたシステム機構

「LI-7500RS」は、野外長期使用での耐久性能と、渦相関測定に必要なスピードや精度を統合。
長期使用に適した設計となっており、「LI-7500RS」は、実績のあるプラットフォーム(従来型「LI-7500」)に基づいて改良されています。


①温度制御された光源と検出機構により、温度変動が激しい環境においても安定的な測定を実現


②精密光学コンポーネントによって、埃の多い環境においてもコンタミへの感度が軽減されます。


③傷に強いサファイアレンズによって、フィールドでのクリーニングが簡単になります。


④高性能のブラシレスチョッパーモーターによって、信頼性のある長期的オペレーションが可能となります。
LI-7500RSシステム機構

測定原理 How it Works

LI-7500RS」は非分散赤外線分光方式を採用しており、空気中のCO2濃度と水蒸気密度の測定をします。
温度制御された光学フィルターを通じて赤外線が送られ、その後オープンサンプルパスを通じて温度制御されたセレン化鉛検出機構で検知されます。赤外線の一部はサンプルパス内でCO2と水蒸気に吸収されます。
リファレンスに対し吸収された赤外線の割合から各ガス密度を計算します。


LI-7550アナライザー記録・出力ユニット LI-7550 アナライザー記録・出力ユニット

「LI-7500RS」に標準付属で、アナライザー電子部品、データ記録用16GB USBドライブ、SmartFlux 2 CPUユニットで構成されます。
LI-7550は3次元音波風速計と接続することができ、イサーネット通信ができます。「LI-7500RS」とFlux Suiteソフトウェアとの接続が容易です。

長期安定性向上、ドリフトの軽減

安定性とドリフトの軽減

光学レンズの汚れによるドリフトが軽減されました。
従来は、埃/花粉/化学薬品の残留物/その他コンタミ物質がオープンパスアナライザーの光学レンズに付着し集積すると、測定の際にドリフトが発生しデータセットに差が出てしまう要因となりました。
通常、装置が定期的にメンテナンスされていれば、このようなことは問題とはなりません。ただし、装置がメンテナンスされていない場合、コンタミ物質の集積によって測定に影響を与えるリスクが出てきます。

「LI-7500RS」は、光学部と電子部に革新的な部品を使用することによって、光学レンズにコンタミ物質が集積し始めたとしてもより正確で信頼性のあるデータを収集します。

<実証実験の実施>
複数のサイトでコンタミレベルが広範囲にわたる13台の装置から得られた実験データによると、「LI-7500RS」は「LI-7500A」に比べ大幅に安定した測定ができることということを一貫して示しています。Figure 1と2では、交通量の多い道路と隣り合っている都会サイトから得られた、コンタミが関連したドリフトデータをご覧いただけます。

LI-7500RS グラフ1

Figure 1. 「LI-7500RS」3台と、「LI-7500A」3台から得られたCO2測定結果です(アベレージとスプレッド)。Y軸はコントロールのリファレンスから得られた偏差を示します。LI-7500RSアナライザーのCO2測定データはLI-7500Aのデータに比べ、はるかに装置間のドリフトが小さいことがわかります。この結果から、LI-7500RSアナライザーの改善点がみてとれます。

北極圏ツンドラから熱帯域、乾燥した砂漠まで、
「LI-7500RS」は過酷な環境下でお使い頂けるよう設計されています。

LI-7500RS グラフ2

Figure 2. 「LI-7500RS」3台と、「LI-7500A」3台から得られた水蒸気測定結果です(アベレージとスプレッド)。Y軸はコントロールのリファレンスから得られた偏差を示します。LI-7500RSから得られた測定結果はLI-7500Aに比べドリフトが何回か少なく、装置間の変動も小さくなっています。


フローのひずみを最小化 自然に近い測定システム

渦相関システムでは、ガスアナライザーが音波風速計パスの内部にある場合、もしくは風速計に近すぎる場所にある場合、エアフローのひずみが発生する可能性があります。
ガスアナライザーが近すぎると、空気が風速計に入る前にエアフローが邪魔される可能性があり、計算時にエラーが発生することになります。逆に遠すぎると、装置が違う渦をサンプリングしてしまい、これまたエラーとなります。
風下もしくは風速計の下でも「LI-7500RS」は風速計から適切な距離に設置できます。こうすることによって風フローのひずみが最小限となり、周波数応答が最大限となります。つまり、フローのひずみがフラックス結果に与える影響が最小限となり、自然にもっとも近い環境下で、フラックスの測定を行うことができます。

測定システム


渦相関測定システムへの簡単な拡張

音波風速計の互換性
「LI-7500RS」はアナログ出力を装備する、ほとんどの高速3次元音波風速計と接続ができます。よって、ご使用者のサイト状況と測定目的に応じた適切な風速計をお選びいただけます。音波風速計の下もしくは横などの自由な位置にアナライザーを設置することができ、これにより、フローのひずみや関連するフラックスのエラーを最小限にできます。
オプションでは、互換性のある音波風速計との接続ケーブルをご用意しており、この接続を簡素化しております。

 

三脚とタワーの設置
センサーヘッドケーブルは、5m(標準)か10m(オプション)をお選びいただけます。LI-7550から最長10mのところにセンサーヘッドを取り付けることができます。
イサーネットケーブルはLI-7550から最大数百メートルのところまで延長できます。

 

付加機能
「LI-7500RS」は標準的なネットワーク通信プロトコルをサポートしていますので、LI-7700オープンパスCH4アナライザー/バイオメットセンサーシステム/セルラー無線機もしくは衛星無線機といったネットワークデバイスを簡単に追加することができます。

 

インターネット利用可
直接接続/セルラーモデム/衛星通信システムによるインターネット通信によって装置にアクセスすることができます。また、Flux Suiteと接続してお客様のサイトにオンラインアクセスできますし、サイトとリサーチグループの間のネットワークを構築できます。


よりシンプルでユーザーフレンドリーな専用ソフトウェア

I-7500RSソフトウェアによって渦相関システムの設定がシンプルになり、ガスアナライザーの校正・診断情報なども簡単に確認することができます。

アナライザーダッシュボードアイコン アナライザーダッシュボード
装置のダッシュボードにはアナライザーの診断情報、接続状態、測定情報、リアルタイムの渦相関結果が表示されます。直観的インターフェースによって不可欠な渦相関設定を一括で行います。サイト情報も記録しやすくなり、より簡便に設定を行うことができます。
EddyProアイコン EddyPro®ソフトウェア
Express/advancedモードでデータを処理する時、EddyProソフトウェアはSmartFlux 2 CPUユニットもしくはコンピュータを使ってリアルタイムで完全に処理されたフラックス結果を計算します。どのLI-7500RSもSmartFlux 2 CPUユニットを使ってEddyProソフトウェアを起動します。
SmartFluxアイコン SmartFlux® 2 システム
フィールドでお使い頂けるパワフルなマイクロコンピューターであるSmartFlux 2 CPUユニットは、ご使用者のフィールドサイトにEddyPro®ソフトウェアのパワーをもたらします。生データの記録とともに、完全に演算処理された渦相関の結果を得ることができます。
FluxSuiteアイコン FluxSuite™ソフトウェア
LI-7500RSはFlux Suiteソフトウェアに対応。Flux Suiteによって、お使いのコンピュータやスマートフォンからアクセスすることによってEddyProの結果や装置パフォーマンスをリアルタイムで確認することができます。これにより、研究者間のネットワークとコラボレーションを実現し、サイトで問題が発生した際はメール通知が送られます。

LI-7500Aからのアップグレードも可能

LI-7500Aをお持ちであれば、LI-7500RSにアップグレードして、革新された光学機構と温度制御というメリットを体感できます。(LI-7500からのアップグレードはできません。)

LI-7500Aからの改良点
光源と検出機構に洗練された温度コントロールアルゴリズムを採用

 

特長

LI-7500

LI-7500RS

高速・高精度・高安定測定
低消費電力
全方位での測定
広範囲の測定レンジ
超音波風速計データの同時記録
渦相関演算フォーマットでの記録(.ghgファイル)
バイオメットシステムからの各種気象データ記録
温室効果3成分計測システムへの簡単な拡張
光学レンズの汚れによるドリフトの軽減
光学レンズ温度制御によるアルゴリズム補正
SmartFlux 2 CPUユニット標準付属

システムにはデータ記録と演算機能が含まれますので、割安です。
LI-7700 オープンパスCH4アナライザー/バイオメットシステム/風速計/固定三脚等といった渦相関センサーと一緒にアップグレードを統合することができます。
アップグレードに関しまして、お気軽にお問い合わせください。

▶RSシリーズへのアップグレード情報はこちら


SMART FLUXシステム対応で専用装置から汎用センサーへ

新製品であるSmartFlux 2 システムを搭載することにより誰でも簡単にリアルタイムで最終FLUXの測定データを取得することができます。今まで煩わしかった、生データの解析や、ロガープログラムの組立も一切必要ありません。
専用ソフトを介してイーサーネットで遠隔地からのサイト管理もができ、正常測定の診断も迅速に行えます。

SmartFlux 2 System

▶SmartFlux 2の詳細はこちら

■CH4/CO2/H2O/熱フラックス測定システムへの拡張
LI-7500A オープンパスCO2/H2Oアナライザー

LI-7500RSへは、LI-7700 オープンパスCH4アナライザーを1本のケーブル接続のみで増設することができます。
LI-7700の測定生データもLI-7500RSのコンソール部USBメモリーへ同時記録されます。
生データはSmartFlux 2 CPUにより各種FLUX値へ自動演算されますので、どなたでも簡便に温室効果ガスの総合フラックス解析を行うことが可能となります。

絶対的な信頼性 高速応答で10年以上の稼働実績

新型LI-7500AオープンパスCO2/H2O分析計スパンテストデータ


LI-7500/LI-7500Aは世界で最も広く使用されているオープンパスCO2/H2Oアナライザーです。
1999年の導入以来、1500以上の文献・出版物に引用されており、多くの研究者の方々からその高精度、安定性に信頼を頂いております。
内部の特殊な4枚の光学フィルターと152回転/秒の超高速チョッパーモーターが炭酸ガスも水分も絶対値で高精度測定を実現し、オープンパスの利点であるリアルタイムデータをより高速応答で出力します。10Hzのアナログ出力(DAC)に対して、常に300Hzのサンプリングを行うため安定したデータを測定できます。最新型のデータ処理を行う制御ボックスからは、高速LANを利用した出力やアナログ、デジタル、SDMなど様々な様式でのデータ出力を利用できます。

このページの上へ

お問合せはこちら